ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コラム】韓日「文化マーケティング」の違いとは(上)
[メール便送料無料!] 脱毛除毛ムダ毛処理アイテム!エピスティック プチ
 ソウル龍山区漢南洞の坂道を上ると、くすんだステンレスに朱色のレンガを組み合わせるなど、特徴的な外観の建物が目に飛び込んでくる。サムスン・グループが設立した美術館「リウム」の建物だ。世界的な建築家であるレム・コールハース、ジャン・ヌーベルといった巨匠が設計したものだけに、建物そのものが一つの芸術品だ。 野外展示場に足を伸ばすと、そこには少し怖いという感覚すら与えるほど巨大なクモの彫刻が待ちかまえている。フランス生まれの女性彫刻家ルイーズ・ブルジョアの「ママン」という作品だ。これはテート・モダン美術館、グッゲンハイム美術館といった世界的美術館にも展示されているクモ彫刻シリーズの一つで、一体でも100億ウォン(約13億円)を超す値がついているという。美術に造詣の深い、サムスンのオーナー一族ならではの、思い切った買い物だ。 しかし韓国国内で、この彫刻の実物を見た人はそれほど多くない。「リウム」は最近まで予約なしには入場できなかった上に、場所もあまり人目につかない位置にあるからだ。むしろ「ママン」は韓国人にとって、東京の六本木ヒルズにある彫刻というイメージが強い。ショッピングセンター、オフィスなどを備えた六本木ヒルズは年間3000万人が訪れる東京の観光名所で、韓国からの観光客が東京観光する際にも欠かせないスポットとなっている。韓国のあるウェブサイトによれば、六本木ヒルズのクモ彫刻は東京の代表的な記念写真スポットだという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。