ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
省エネ、排出削減に向け中央と地方の団結目指す
成果をあげる営業の上司力

新華社北京:国家発展改革委員会(発改委)への19日の取材で明らかになったところによると、発改委などは今週、エネルギー浪費や汚染を招きやすい業界において各地方が不法に打ち出した電力価格、地価、税制などに関する優遇措置の撤廃状況を調査する。調査の対象となる分野は主に、鉄鋼、銅、アルミ、鉛・亜鉛、セメント、電力、カーバイド、コークス、フェロアロイなど。
今年第1四半期(1~3月)、中国ではエネルギー浪費、汚染を招きやすい業界がハイペースで成長した。全国産業界におけるエネルギー消費、二酸化硫黄排出量の70%近くは電力、鉄鋼、非鉄金属、建材、石油加工、化工などの業界によるものだが、これら6つの業界の成長率は20.6%。成長率は、2006年同期比で6.6ポイント上昇している。これら業界の過剰成長は、中国の省エネ・排出削減、汚染物質削減事業をいっそう困難にさせている。
今回の調査の目的は、各地方にエネルギー浪費や汚染の深刻さを認識させること、また省エネ・排出削減に向け、各地方を中央政府の決めた方針の下に団結させることなどにある。
【翻訳編集:JCBB(K.K)/ G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。