ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スティール代表来日の背景 「グリーンメーラー」払拭できるか
さらにヒート機能がついて充実!話題の最新EMSスーパーマックスターボ高速振動ベルト・ブルー
   「顔のない投資家」と呼ばれた米系投資ファンド「スティール・パートナーズ」のウォレン・リヒテンシュタイン代表が07年6月12日、東京都内で記者会見を開いた。同氏がメディアの前にその姿をさらすのは極めて異例で、会見を開くこと自体、世界初という。スティールがそこまで踏み切った背景には、サッポロ ホールディングスの買収問題がこう着状態に陥るなど、日本での活動の厳しさからくる焦りがある、との見方も出ている。 サッポロ、ブルドックはうまくいかず   リヒテンシュタイン代表は会見の冒頭、「ミステリーをはぎ取って、本音の話をしたい」と切り出した。そして、スティール創設以降の歴史を紹介し、「我々は長期保有を常としている。グリーンメーラー(高値で買い戻させることを狙った買収者)ではない」と強調した。   スティールは2004年、金属加工油剤メーカーのユシロ化学工業、毛織物染色・加工大手のソトーと、相次いでTOB(株式の公開買い付け)を仕掛けた。06年秋には即席めん大手の明星食品にTOBを開始し、同業の日清食品がホワイトナイト(白馬の騎士=友好的買収者)として登場した。いずれもTOBそのものには失敗したが、保有株を高値で売ったり、高配当を得て、大きな利益を手にした。   しかし、07年に入って実施したサッポロへの買収提案は、期待していたとされるホワイトナイトが現れず、サッポロとは質問と回答のやり取りを延々と続けるばかり...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。