ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【フィリピン】住金鉱山、ニッケル新工場に追加資金
カードもOK! ゲットプラス楽天市場店PC-VP-WP81-04 バッテリパック (ニッケル水素):NEC
 住友金属鉱山が中心となってパラワン島南部で進めるニッケル精錬プロジェクトの第2工場建設で、投資額を2億8,500万米ドルから3億700万米ドルに引き上げることが分かった。完成すれば、フル稼働する第1工場と合わせて、年産能力は2.2倍に拡大する見込みだ。

 このプロジェクトは住友金属鉱山を軸に三井物産、双日と地場企業リオツバ・ニッケル・マイニングが出資する合弁企業コーラル・ベイ・ニッケルが進めている。同社の藤村隆則社長は19日、NNAに対し「今回の増資は設計上の変更に伴うもの」と説明。

このほど建設費の見直しを行い、2005年3月から稼働している第1工場で取得した知見を反映させ、設備の一部を変更する費用を新たに拠出する。
 
 同社長によると、第2工場は既存の第1工場とほぼ同等の設備や生産能力を備えた施設で、パラワン州バタラサで隣接して建設中だ。06年3月に着工し、現在は土木工事が終了して設備の据え付けなどを行っているところ。09年初めには完成し、同年4月の稼働を予定している。
 
 住友金属鉱山は、新工場の完成により操業が安定するだけでなく、2つの工場が相互にユーティリティーを補完することによって稼働時間が増え、年産能力は10%向上、生産量にして年間2万2,000トンが可能とみている。当初は年産2万トンと見積もっていた。
 
 既存の第1工場は、継続してフル稼働を維持しているという。藤村社長によると、昨年通年の生産量は目標を上回る1万トン超...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。