ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
希少金属回収、市民主導で 東北、秋田北部でモデル事業提言
ポラライズド UVカットグラス スモーク
 希少金属(レアメタル)をデジタル家電から回収する社会システムを検討していた「小型家電を考える市民の会議」(事務局・東北経済産業局)は12日、市民の自発的回収に家電量販店やコンビニエンスストアなど関係者が協力する「自発的関与型」の回収システムを提言した。

 システムは、市民が回収の主役に据える。携帯端末など不用になった小型家電を、量販店やコンビニに設置された回収ボックスに持ち込む。
 これを自治体が収集し、解体工場や精錬所といった再資源化施設に運ぶ。メーカーは使ったレアメタルの種類やリサイクルが可能かどうかを製品に表示する。



 提言を受けて、秋田県北部地域(秋田市など9市町村)の自治体が中心となり、2008年度、「自発的関与型」のモデル事業が実施される見通し。経済産業省の外郭団体や東北大、企業による研究グループが大館市で行っているレアメタルの回収試験を参考にする。

 会議は、経産局の「次世代電子機器回収システム構築に関する調査事業」として実施。「自治体の一般廃棄物処理と既存の回収業者に任せる」など四案について、実効性を協議。市民委員15人が投票し、市民の自発的関与型を選んだ。

 投票者からは最終案に対し「市民の関与で意識が向上する」「成功には国民の理解が重要」「メーカーと行政の支援が不可欠」「行政は監視の責任を負うべきだ」などの意見が出された。

 提言は12日、有識者で構成する検討委員会に報告され、了承された...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。