ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪CSIROと古河電池の『ウルトラバッテリー』、実車テストで好成績
【送料無料】モダンンデザインリビングテーブルオシャレなインテリアセンターテーブル激安アウ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000003-wvn-sci
オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の研究チームが、日本の古河電池と開発した[開発は2007年3月]『ウルトラバッテリー』(UltraBattery)による、実地テスト成果が発表された。

ウルトラバッテリーは、旧来の鉛蓄電池の技術に最新のスーパーキャパシタを組み合わせたもの。スーパーキャパシタは、大電流を急速に充放電できるデバイスで、何百万回というサイクルを経ても大きく劣化することがない。

このウルトラバッテリーは先日、イギリスで行なわれた、12カ月、約16万キロメートルにおよぶ実テストを終えた。テストは、本田技研工業(ホンダ)のハイブリッド『インサイト』(写真:人物は、研究チームのJohn Wright博士)が標準搭載するニッケル水素(NiMH)電池をウルトラバッテリーに取り替えて行なわれた。



テスト結果は良好だった。ウルトラバッテリーは従来の電池の少なくとも4倍の寿命を示し、得られるパワーも約50%向上した。コスト面でも、現行世代のNiMH電池に比べ約70%も安く上がるという。

ウルトラバッテリーの搭載によって、インサイトの両全備重量は約17キログラム増加し(標準のNiMH電池では約19キログラム)、燃費率は2.8%下がるが、ウルトラバッテリーの使用は従来電池に比べ2000ドル近くのコスト節約になると研究チームは主張している。

現時点でハイブリッド技術が抱える最大の欠点は、(a)従来の自動と比べて導入コストが高く、そのかなりの部分をバッテリーのコストが占めていること、そして(b)使用済みバッテリーの交換にいくらかかるのか未だ不明なこと、の2点だろう...

ニュースの続きを読む




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。