ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売られ過ぎた低PER銘柄、リバウンド時にリード役の期待
【お見積り対象商品】知的なオフィスにしてくれる、ワークデスクエリートES148コーナー(天板のみ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000247-reu-bus_all
 [東京 23日 ロイター] 売られ過ぎた低PER(株価収益率)銘柄が注目されている。東京株式市場は米国の緊急利下げを受けて反発しながら、戻りは鈍く依然として不安感が残っているが、いずれ急な下げに対する反動高の場面が訪れるとみる関係者が少なくない。そうした中、リバウンド時には低PER銘柄がリード役になるとの見方が出ている。
 株価全般が大幅に下落した22日、PERは全銘柄の平均で14.10倍、日経平均採用銘柄の平均で13.59倍まで低下した。日本を代表するトヨタ自動<7203.T>も10倍台で推移するなど、全体的に現実の企業業績を無視したかのような印象を与えている。


 もちろん下げ相場には、それなりの理由がある。需給要因を除くと、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題の影響が経済全体に広がり、業績に減速感の出てきた日本企業にも波及するというのが一般的な見方だ。
 市場では既に来期の業績予想について「現在の株価は2割程度の減益を織り込んでいるとみられる」(丸和証券・調査情報部次長の大谷正之氏)との声が出ており、市場参加者は国内企業の業績について、減速どころか失速まで読んでいることになる。
 ある中堅証券の幹部は「来期の見通しが横ばい、あるいは減益であっても小幅にとどまる程度なら、現在の水準は売られ過ぎ。先行き状況が一段と悪化すれば別だが、対策の効果などで米景気の回復が読めるようになれば、日本株は割安感から急激に戻りそうだ」と話す...

ニュースの続きを読む




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。