ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[トヨタ]10年までに家庭充電ハイブリッド車発売
WG×スーパーCZ イヤリング ラティフ
 【デトロイト(ミシガン州)斉藤信宏】トヨタ自動の渡辺捷昭(かつあき)社長は13日、デトロイトで開かれている北米自動ショーで、家庭用電源から充電できる「プラグインハイブリッド」を2010年までに実用化し、発売する方針を明らかにした。企業や官庁など大口顧客向けに、全世界で販売する。昨年秋から日本国内で公道走行試験を始めており、「量産化のめどがついた」(渡辺社長)として販売に踏み切る。 プラグインハイブリッドは、米自動最大手ゼネラル・モーターズ(GM)も10年までの完成を目指して開発を進めている。ハイブリッドの開発ではトヨタが先行したが、プラグイン型ではトヨタとGMが激しい競争を繰り広げることになりそうだ。

 トヨタは、これまでの開発段階ではニッケル水素電池を使ってきたが、同電池より重量が軽く持続力もあるリチウムイオン電池を利用できるめどがついたという。すでに、松下電器産業と共同で設立した「パナソニックEVエナジー」で、リチウムイオン電池の量産に向けた検討を始めている。 渡辺社長はまた、現在は「プリウス」1種にとどまっているハイブリッド専用について、来年の北米自動ショーで「トヨタ」ブランドと「レクサス」ブランドで各1種を新たに公開すると表明した。 トヨタは10年代のできるだけ早い時期にハイブリッドの販売台数を年間100万台の大台に乗せることを目標にしている。07年は世界で計42万台のハイブリッドを販売しており、目標を前倒しで達成する可能性もある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。