ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ「世界一」計画 環境技術で足場
【送料無料!】スプラインドライブ インストレーションキットMCG【P0104P2】【即納】マックガー...
 ■リチウムイオン電池量産/バイオ燃料も研究

 世界生産台数で2年連続の「世界一」となる計画を25日公表したトヨタ自動。年末記者会見で渡辺捷昭社長は、ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッドに使う充電池について、高効率のリチウムイオン電池の量産を検討していることを明らかにした。ガソリンの代替燃料と期待されるバイオエタノールについても新技術の開発を表明。ハイブリッドに軸足を置きながらも“全方位”で環境技術の開発に取り組み、着々と「世界一」の足場を固める戦略だ。

 「(環境戦略の)役割の中心はこれまで通りハイブリッドだ」

 渡辺社長が会見で力を込めたのには、「自社の戦略が正しかった」との自負がある。



 トヨタのハイブリッド戦略を担ってきた専用「プリウス」は平成9年に世界初の量産型ハイブリッドとして日本でお目見え。4年前に現行型が登場して以来、ガソリン1リットルあたり35・5キロメートルの燃費性能を武器に市場を席巻した。今月に発売から丸10年を迎えたものの、その勢いは衰えていない。

 これまでも渡辺社長は2010年代の早い時期にハイブリッドの年間販売台数を100万台に乗せ、その上で全種にハイブリッド対応モデルを設定することを表明していたが、この日はさらに踏み込んだ。それが新型充電池の開発だ。

 現在、プリウスなどにはニッケル水素電池が用いられ、トヨタは松下電器産業との合弁会社「パナソニックEVエナジー(PEVE)」で開発・製造を行ってきた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。