ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7回 静かな電動自転車ブーム到来!?
★POLICE(ポリス)サングラス 2006人気モデルが 71%OFF! S8013-531
エコな移動手段として注目を浴びている自転。なかでも電動自転が静かなブームになっているようだ。1993年に販売がスタートした電動自転は、各社の参入や技術開発によりコストダウンが進み値段も低下。加えてママチャリタイプのみならずストリートタイプやマウンテンバイクタイプなど種類も増え、06年の販売台数は25万台まで達している。もちろん電動自転は、電池が切れれば充電が必要だ。そのためCO2が排出されないわけではない。しかし、同じ距離を自動や電で移動するよりも消費エネルギーは格段に少ないし、バイクのように騒音が出るわけでもない。坂道の多い場所を移動するにはうってつけだし、小さな子供を幼稚園や保育園に送り迎えするママたちの強い味方でもある。

自分の回りにも、自転に乗って通勤・移動している人は少なくない。東京23区は全部自転移動という猛者もいる(吉田豪さん)。そのうちの1人、イラストレーターのUさんは、移動するのはもっぱらパナソニックサイクルテック社製の「Casual vivi」という電動自転派だ。しかも、自転用のオシャレ地下足袋やポンチョを揃え、さらにはGPSまで購入予定(!)だという。「晴れていて半径5~6キロまでの目的地なら、必ず自転で向かってます。最近都内の駅周辺は駐輪場も増えているので、置き場所にもそれほど困らないし。それに、猫を飼っているので、ネコ砂など重い荷物を運ぶときに電動自転はとても便利なんですよ」(Uさん談)愛「Casual vivi」に乗るUさん...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。