ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「10分の充電で160km」バッテリー新技術:実用性は
でんすけ⇒ 単3・単4形ニッケル水素電池専用急速充電器 【ユニバーサル充電器】 NATIONAL BQ-391
Marty Jerome
Photo credit: Altair Nanotechnologies電気自動が直面する大きな問題の1つが、バッテリーの充電時間だ。米Altair Nanotechnologies社は、わずか10分間の充電で、電気式ピックアップトラックが160キロメートル走行できる電力が蓄電されるというリチウムイオン電池技術を発表した。通常は不安定さが問題になるリチウムイオン電池だが、ナノテクを利用して安定性の問題もクリアしているという。[ニッケル水素電池を使うトヨタプラグインHVの場合、200V・1.5時間ほどの充電で、13キロメートル程度の走行とされる。次世代電気自動で鍵となる次世代電池技術については、過去記事でご紹介(日本語版記事)している。

]この話には落とし穴があるだろうか?答えはイエスだ。『IEEE Spectrum』が指摘しているように、「35キロワット時のバッテリーを10分間で充電するには、250キロワットの電力が必要になり、これは平均的なオフィスビルでピーク時に消費される量の5倍になる。家庭での高速充電は不可能だ。高速充電可能な『充電スタンド』というものを想像してみても、4つの動力ポンプを同時に動かすには、メガワット級の電力供給――通常は変電所でしか供給できない――が必要になる」それでも、急速充電ができる安定したバッテリーは、電気自動にとって不可欠だ。Altair Nanotechnologies社の技術は、将来的にかなり有望だといえる[IEEE Spectrumの記事によると、Altair社は配送業者などをターゲットにしており、サンノゼ国際空港内部の電気自動を急速充電するステーション作成計画などに参加しているという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。