ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1000以上の言語を記録したディスクを搭載、『ロゼッタ』探査機
でんすけ⇒ 近接撮影のライティングを効果的に 【フラッシュ】 SONY リングライト HVL-RLS
Jenna Wortham
Photo Credit:Rosetta Projectアマチュア天文学者たちは11月13日(米国時間)、望遠鏡を空に向けて、『Rosetta(ロゼッタ)』探査機が地球近辺を通過し、重力を利用した「フライバイ」によって加速する姿を一目見ようとするだろう。Rosettaは2004年に欧州宇宙機関(ESA)が打ち上げたもので、目的地は、約7年で太陽を1周する67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星だ。最後のランデブーを終えた後は、この彗星に寄り添って余生を送ることになる[Rosettaは、彗星の地表に着陸する初の探査機として、土壌や空中からサンプルを採取するプロジェクトが期待されている。

詳しくは過去記事(日本語版記事)で紹介している]。Rosetta探査機は、1000を超える人類の言語を1万5000ページに記した『Rosetta Disk』のコピーを搭載している。このディスクの打ち上げは、世界の言語の保存に取り組む団体『Rosetta Project』との共同作業だ。同団体のサイトによると、世界の言語の最大90%が、2100年までに消滅する可能性があるという。ディスクに入った情報は、耐久性の高い人工遺物として、また人類の言語の記録として、人類の文化を知るための糸口と洞察を、半永久的に提供する。ディスクには各言語について、音声の解説、言語学的な基礎知識、語彙のリストなどが記録されているほか、国連の『世界人権宣言』や聖書の『創世記』の数章などの朗読や翻訳も入っている。このディスクを読むのに、特定のハードウェアやソフトウェアは必要ない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。