ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイブリッド「主導権」 独ダイムラー開発加速
大粒パライバ3rdスタッドピアス世界にひとつ、あなただけの永遠の輝きエレガントオーバル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000070-san-ind
 トラック世界最大手の独ダイムラーは、ディーゼルエンジンと電気モーターを併用するハイブリッドのアクセルを踏み込んだ。子会社の三菱ふそうトラック・バスが初の欧州市場開拓に向け、年内に英国でハイブリッド小型トラックの実証試験を始めるなど、商用分野での同技術の普及に向けた動きを強めている。日米欧の燃費基準や排出ガス規制が厳しくなる中、最大手の攻勢を火種に世界規模での主導権争いが激化しそうだ。

 「ハイブリッドの実用化で世界一を目指す」

 12日。

独シュツットガルトのダイムラー本社でトラック部門総責任者のアンドレアス・レンシュラー氏は、28カ国から集まった報道陣を前に、こう力を込めた。

 ダイムラーは、メルセデス・ベンツに加え、米フレートライナー、三菱ふそうを傘下に収める。この3社の中でハイブリッド開発を主導するのが三菱ふそうだ。ダイムラーは三菱ふそうの技術を活用して開発したメルセデス・ベンツの中型トラック「アテーゴ」の実証試験に近く着手する。

 欧州は、2020年までに地球温暖化の原因物質である温室効果ガスを1990年比で20%削減するという高い目標を掲げている。ダイムラーはこの次世代環境技術の“主戦場”で、主導権を握る戦略だ。

 「今後3年から5年を考えると、ハイブリッド技術がなければ企業の屋台骨が揺らぎかねない。他社との比較で納得していたらダメ。『飛び抜けた何か』が必要」

 三菱ふそうの秋川文雄パワートレーン開発統括部長は、こう話す...

ニュースの続きを読む




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。