ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レアメタル 権益獲得に向け経産相が南ア、ボツワナ訪問へ
1円オークション開催したばかりなので売り切れ続出!!【1円~】ジャン・ポール・ゴルチエ (Je...
 デジタル家電などハイテク製品に用いられ、「日本産業の生命線」ともいえるレアメタル(希少金属)の権益獲得に向け、政府はアフリカ南部の南アフリカ共和国とボツワナに対し資源外交を展開する。甘利明経済産業相が今月中旬、両国を訪問し、レアメタルを発掘するために必要な地質調査の実施と経済支援で合意する見通しだ。日本政府はこれを契機に資源外交を強化し、レアメタルの安定供給対策に本腰を入れる方針だ。
 レアメタルとは、ニッケル、リチウム、インジウムなど、31種類の希少金属の総称。日本が得意とする液晶テレビ、携帯電話、パソコンなどの製造に欠かせないことから、「産業のビタミン」などと表現される。

や鉛などの「ベースメタル」が世界各国に分布し、供給が安定しているのに対し、レアメタルの分布はアフリカ、南米、ロシアなどに偏り、政情不安や自然災害の発生などによって供給が不安定となることが多い。そのうえハイテク製品の需要急増が供給不足や価格高騰を招き、世界的なレアメタル争奪合戦を招いている。
 こうした事情から、政府は官民一体でのレアメタル安定供給対策に乗り出す。甘利経産相のアフリカ訪問は、レアメタル権益獲得のための第一歩だ。
 南アは、自動の排ガス浄化触媒に使われるプラチナや特殊鋼に使われるマンガンやバナジウムの生産が世界一という資源大国で、中国が世界生産の9割を占めるレアアース(希土類)埋蔵の可能性も高いとされる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。