ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国企業参入のマダガスカル鉱山開発が本格始動
HHR-3MPS/2B自己放電抑制技術の採用により、充電しておけば使いたいときにすぐ使える。松下電器...
【マダガスカル・トアマシナ8日聯合】韓国が参入しているマダガスカル鉱山開発プロジェクトに始動がかけられた。
 韓国、日本、カナダの企業が挙動でニッケル資源開発を行う、アンバトビーニッケルプロジェクトのプラント起工式が7日にマダガスカルのトアマシナで行われ、マダガスカルのラバルマナナ大統領をはじめ、大韓鉱業振興公社の李漢鎬(イ・ハンホ)社長、金均燮(キム・ギュンソプ)駐南アフリカ共和国大使、株主団や金融団の代表、政府高官らが出席した。今後、同プロジェクトは総額37億ドルを投入し本格的に進められる。

同プラントは2010年の完工からニッケル生産を開始し、2013年には年産6万トンを予定している。

世界の生産量の5%を占めるもので、単一の鉱山としては世界3大規模だ。ニッケル埋蔵量は約1億2500万トンで、鉱山寿命は約27年間と予測される。年間5600トンのコバルトも生産する計画だ。

 韓国からは大韓鉱業振興公社、大宇インターナショナル、京南企業、STXが企業連合を構成し参入している。それぞれ21%、2.75%、2.75%、1%の権益を保有し、生産量の50%に対する優先購買権も確保した。これは韓国の需要量の25%に当たる。また、プラントに含まれる発電所の建設と用地の整地作業を韓国企業が受注した。

 このプロジェクトは、韓国がアフリカ鉱物資源の大規模開発に乗り出した初の事業であり、これを機に、今後のアフリカ資源開発への本格的な進出が期待される...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。