ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エキセントリックな電動自転車『Pi』
ナンバープレース★脳トレメタルボードゲーム★インテリアにも【週末1012】【SA071009】
Charlie Sorrel 2007年10月03日電動自転『Pi』のウェブサイトでは、「Piが、世界で最も重要な電動自転である可能性は?」と問いかけている。おそらく答えはノーだろう。米Electrobike社の創立者で最高経営責任者(CEO)のMarcus Hays氏には、不思議なほどありふれた誇大広告を使うくせがある(「他の製品と間違えようのない、世界初の電動自転」といったふうに)。しかし、Piは確かに興味を惹く、風変わりな自転だ。まず、Piは最新の自転以上に、ビンテージのオートバイから影響を受けているようだ。

輪を固定しているアーチ形のアルミニウム製フレームは、レトロなカフェレーサーを思い起こさせる。スペックをみていくとその印象がさらに強くなる。ベース・モデルは、電気とペダルを動力としたものだけだが、48ボルト、100アンペアのモーターだけでなく50ccの4ストロークエンジンも備えたスポーツタイプの『Pi-X』など、ハイブリッドタイプが製品の幅をさらに広げている。Pi-Xの最高速度は時速48キロメートルに制限されているが、「Bonneville Racer」エディションと呼んでいるところからも、多少手を加えればどの程度までスピードを追求できるかが想像できる。Piの全種とも、フレームの内部にニッケル水素電池を搭載(Hays氏はこのデザインを夢の中で思いついたという)。無段変速装置とディスクブレーキを備え、3つのモード(電動、ペダル、ペダル踏力の補助)を切り換えて走行できる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。