ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイハツ 白金使わぬ燃料電池 低コストの製造技術開発
ラジコンボート★ハイスピードレーシング・タイプ★人気の赤!
 ダイハツ工業は14日、二酸化炭素(CO2)を排出しない次世代の自動動力源として期待されている燃料電池の製造コストを大幅に低減する新技術を開発したと発表した。発電時に必要だった高価な希少金属の白金をまったく使用しない。今後、素材メーカーなどの協力を得て早期に実用化し、同電池を搭載した自動開発に着手したい考えだ。

 新技術は独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)と協力して開発。1グラム当たり約4500円という白金の代替として同4~7円と安価なコバルト、ニッケルを電極触媒に使用。従来は白金の材料費だけで45万~90万円かかっていたが、新技術では500円程度で済む。周辺部品にも安価な材料を使用できるため、全体の製造コストを大幅に低減できるという。



 また、燃料に発泡スチロールの製造時などに用いられている水素と窒素で合成した「水化ヒドラジン」という液体燃料を使用。従来の燃料電池が高圧で圧縮した水素ガスを充填(じゆうてん)する方式が一般的なのに対し、常温で持ち運べ、取り扱いが容易というメリットがある。

 出力は白金と水素ガスを使用する従来の燃料電池に比べて同等以上の高出力を確保。「水化ヒドラジンの濃度を高めることで大幅に向上できる」(ダイハツ工業技術担当者)としている。

 燃料電池は水素と酸素を反応させて発電し、駆動力を得る仕組み。ガソリンや軽油など化石燃料を使用せず、地球温暖化の原因となるCO2を排出しない究極の環境対応として、世界中の自動メーカーが開発にしのぎを削っている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。