ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高温でも使える形状記憶合金=利用範囲の拡大に期待-筑波大
75cmの横綱サイズ!レーシングボート!75cm赤■ツインモーター超パワフル◆ラジコン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000201-jij-soci
 筑波大学大学院数理物質科学研究科の宮崎修一教授らの研究チームは14日、従来を大幅に上回る200度までの高温下でも機能する新たな形状記憶合金を開発したと発表した。
 形状記憶合金は元の形状に戻る温度(形状回復温度)を設定できるが、現在一般的なチタン・ニッケル形状記憶合金の形状回復温度は82度が限界。

新たな合金は、高温となるエンジン部品など従来利用不可能だった分野にまで「応用範囲を大幅に拡大することが期待できる」(宮崎教授)という。 



◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。