ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世界最薄最軽量」の5倍ズーム&手ブレ補正コンパクト「FinePix Z100fd」
FinePix Z100fd専用ソフトケース(ホワイト)【200年9月下旬発売】FUJIFILM ソフトケース SC-FX...
 富士フイルムは7月26日、コンパクトデジカメ「FinePix Z100fd」を9月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

 フラット&スリムなボディが特徴の薄型デジカメ「FinePix Z」シリーズの最新機種。最薄部19.8ミリのボディには光学5倍(35ミリ換算36~180ミリ)のズームレンズ(前モデルの「FinePix Z5fd」は光学3倍)と手ブレ補正機能(CCDシフト式)を備えており、「光学式5倍ズームレンズと手ブレ補正機能搭載のデジタルカメラとしては世界最薄・最軽量」(同社)を実現している。

 全体的なボディデザインはシリーズのイメージを踏襲するが、エッジの処理が変更されたほか、斜めに可動するレンズカバーの採用などによってよりスクウェア感が強調されているほか、表面にUV塗装処理を施すことで、質感も高められている。ボディーカラーはピンク/ブラウン/シルバー/ホワイト&ブラックの4色を用意する。

 フラッシュ連動や自動赤目補正などの機能を備えた顔検出機能「顔キレイナビ」もFinePix Z5fdと同様に搭載するが、新製品と同時発表されたFinePix F50fdのような横顔/斜め顔検出機能は搭載しない。

 撮像素子は1/2.5型有効画素数800万画素CCD。FinePix F50fdに搭載された第7世代「スーパーCCD ハニカムVII HR」の採用は見送られた「製品コンセプトにあわせて撮像素子を決定した。スーパーCCD ハニカムVII HRは今後展開していく」(同社)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。