ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の株式見通し=軟調、1万7000円の攻防に
激安!!プロからご家庭まで!人気のストウブ22cmラウンドシチューパンオレンジ
 [東京 30日 ロイター] 市場関係者によると、きょうの東京株式市場は軟調な展開となる見通し。前週末の米株が原油高や信用収縮懸念から大幅続落となったほか、円高が進んでいることも嫌気され売りが先行、1万7000円の攻防になるとみられている。参議院選挙で自民党が大敗し政治的不安定さが高まっていることもムードを悪くしている。
 日経平均の予想レンジは、1万6900円―1万7100円。
 27日の米国株式市場は4─6月期国内総生産(GDP)が前期比・年率でプラス3.4%と好調だったことを受けて高く始まったが、原油価格の上昇や米サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅ローン)をめぐる問題への懸念が強く連日の大幅安となった。


 市場では「きょうの東京市場は軟調となるだろうが、要因としては米株安が8で参院選の結果が2というところだろう。米国市場の信用収縮懸念の方が問題だ」(国内証券投資情報部)との声が出ている。円高が進んでいることから円キャリートレードの巻き戻しへの不安もあるという。
 29日投開票の参議院選挙については、事前に自民大敗がある程度予想されていたため、影響は限定的になるとの見方が多い。ただ「安倍首相は続投の意向を示しているが、求心力の低下からレームダック化すれば構造改革が進まなくなり中長期的に問題となる」(同)という。
 経済のファンダメンタルズがしっかりしているため米国市場と為替が落ち着けば押し目買いが入るとの見方もあるが、「政治的不透明感から上値は買いにくい...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。