ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コラム】 希少な資源“レアメタル”が不足すると日本はどうなる?
F◎721【送料無料】4ミリ ブルートパーズハート&ローズカットダイヤモンド
6月、政府は石油やウランなどと並ぶ資源外交の柱の一つとして、「レアメタル」の安定確保に乗り出すことを発表した。

そもそもレアメタルとは、地球上に埋蔵量が少なく、特定の地域に偏在している希少金属のこと。ニッケルやコバルト、チタンなどがその代表で、さらに生産量が極めて少ないインジウムやタンタルなど合計で31鉱種あるこれらの金属になぜ価値があるか? 簡単に言えば、ハイテク製品の製造にレアメタルが欠かせないからだ。パソコンや携帯電話に使う半導体などの電子部品をはじめ、AV機器やエアコンなどの家電製品、自動や電子基盤の加工に用いる超硬度工具に至るまで、レアメタルがなければ生産できない。

つまり、技術はあっても原料が無い=モノを作れない状態になり、日本の生命線であるハイテク産業が機能しなくなるというわけ。

だが現在、世界のレアメタル市場はかつてない状況に陥っている。これまでレアメタルを安価で輸出していた中国をはじめとする資源大国が経済発展を遂げ、レアメタルを自国で保有・消費するようになった。従来は先進国だけで分配されていた市場にBRICsなどの新興諸国が加わり、熾烈なレアメタル争奪戦が繰り広げられているのだ。鉱種によってはこの3年間で取引価格が5~10倍近くまで暴騰しているだけでなく、諸国の外交戦略上のカードとしても重要な役割を占めるようになっている。

「自国に資源を持たない日本は、レアメタル供給を輸入に頼るしかない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。