ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【韓国】ポスコのQ2営業益、サムスン超え国内最高
BUZZ RICKSON BR80565A-2 ラフウェア バズリクソン
 ポスコは17日までに第2四半期(4~6月)の実績を発表した。売上高は前期比2.0%増の5兆8,150億ウォン(約7,700億円)、営業利益は同12.0%増の1兆2,470億ウォン。営業利益は13日に発表されたサムスン電子の9,100億ウォンを上回り、国内の製造企業で最高となった。高付加価値製品の販売拡大と経費節減が5期連続の増益を後押しした。
 
 

 ポスコの第2四半期の売上高と営業利益を前年同期比で見ると、それぞれ24.5%増、32.5%増となった。純利益は同55.4%増(前期比13.3%増)の1兆1,130億ウォンだった。粗鋼生産量は前期比3.5%増の781万7,000トンとなり、製品販売量は754万9,000トンとなった。
 
 ポスコが四半期別の営業利益で国内トップに立ったのは2度目。

2004年の第4四半期(10~12月)にもサムスン電子を退けて首位に立っている。
 
 ポスコの増益の最大要因は、自動車用鋼板と電気鋼板を含む高付加価値製品の割合が高まったこと。両製品の売上高は前期比でぞれぞれ11.1%、53.2%増加した。うち自動車用鋼板は今年、世界の約10%に当たる600万トンをポスコが供給すると予想されている。
 
 経費削減については、FINEX(ファイネックス)工法の製鉄所を稼動させたことなどにより、上半期(1~6月)は3,691億ウォン分の成果があったという。これにより年初に目標を設定した経費削減の年間目標額を4,872億ウォンから6,169億ウォンに修正した。5月末に運転を開始したファイネックスの日産量は3,800~4,000トンで稼働率は目標(4,300トン)の約90%に達しているという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。