ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
輸入原材料価格が急騰、過去最高の指数に
モンベル(montbell) ジオライン EXP.ラウンドネックシャツ Men’s L ライトグレー(LTGY)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000018-yonh-kr
【ソウル11日聯合】韓国輸入業協会(KOIMA)は11日、独自に算定している輸入原材料価格指数のKOIMA指数が、先月は前月比0.33ポイント上昇の253.94となり、過去最高記録を更新したと明らかにした。
 KOIMA指数は1995年12月の価格を100として、毎月30品目の主要輸入原材料価格を分析したもの。昨年12月には233.1だったのが、今年1月に219に下落し、その後は先月まで5か月間上昇が続いている。

 先月は原油高と鉄鋼製品の需要増加、タイトな需給をみせた繊維原料が指数上昇に繋がった一方、最近急騰している非鉄金属は在庫の増加と利益実現に向けたファンドなどの売りが続き価格が下落した。



 細部品目別にみると、米国、中国など生産地の気象悪化と米国の耕作面積減少予想から原綿が11.8%上昇した。米国などの好況で受容増加が予想されるスラブも14.2%上昇した。原油はガソリン需要が増える時期を迎え米国での供給問題が懸念され1.9%上がった。需給不安にあえぐ小麦(3.5%)、大豆(4.%)、コーヒー(6.0%)など一部農産物も上昇している。

 一方、予想に反して作況の良いトウモロコシはマイナス4.1%、ドル安の影響を受けた金はマイナス1.6%、中国の受容萎縮が予想される天然ゴムや原皮はマイナス4.6とマイナス3.36%などとなっている。また、パラザイレン(マイナス11.6%)やナフサ(マイナス4.3%)が下落、メタノールを含むプロパン(5.7%)は上昇など、油化原料は品目により騰落が分かれた...

ニュースの続きを読む




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。