ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース
ステンレス、アルミ銅などに関わる最新ニュースをお送りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電気自動車時代に向けた、次世代バッテリー開発競争(1)
〓MOON〓 SANYO急速15分充電器セット■車でもOKの車載用カープラグ付き!海外対応!単三!SANYO...
Dan Orzech 2007年07月09日自動車のバッテリーを覚えているだろうか? 動かなくなるまで放っておかれる、端子が腐食したべたべたのあれだ。ただし、これは過去の話だ。『Tesla Roadster』、『Lightning GT』などの電気自動車やプラグイン・ハイブリッド車が登場し、バッテリーは表舞台に躍り出た。新世代のバッテリーも現れはじめている。電気で動く車の厳しい要求を満たす、安全かつクリーン、そしてはるかに強力なものだ。重機メーカーの米Caterpillar社から分離した米Firefly Energy社は、鉛蓄電池に新たな命を吹き込んでいる。鉛蓄電池は、トーマス・エジソンが1890年代に電気自動車の動力源に使って以来ほとんど変化していない。

Firefly社は従来のバッテリーの内部にある鉛の板を、黒鉛でできた発泡素材に置き換えた。バッテリーには腐食性の高い硫酸が使われており、黒鉛はそれに耐えられる数少ない物質の1つだ。同社のEd Williams最高経営責任者(CEO)によると、発泡素材になっているため表面積が従来のものより大きく、電力の供給量が多くなるうえ、充電時間が大幅に短縮されるという。もう1つ重要な点がある。それは従来のバッテリーに見られる結晶が発生しないことだ。バッテリーの内部に結晶がたまると、蓄えられる電気の量が減る。鉛蓄電池のほうが安価であるにもかかわらず、電気自動車やハイブリッド車のメーカーがリチウムイオン電池やニッケル電池を好むのはそうした理由もある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ニッケル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ニッケル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 ステンレスアルミ銅、非鉄金属に関わるニュース all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。